仕事スイッチの切り方

どうしてもやめられない癖や習慣てありますか??

 

わたしの場合、

長年抱えてきた悩みのひとつ。

 

眠りにつく1秒前まで、ずっと仕事のことを考えてしまうこと。

これは会社員の頃からで、

目を閉じると仕事のことが浮かんでくるのです。
当時は毎日ではなかったのですが、

記者発表会の前日とか、

新聞に誤報を出す大大大失態をしてしまったとき。

あるいは、

肝入り商品のPR方法を考えているとき。

 

 

独立してからはほぼ毎日。
「あぁ〜もっとこうすればよかったー!!」

という後悔や、

「こんなことしたい!こんなこともできる!」

という新しいアイディアまで。

アイディアが出てくるのはいいんですが、

やっぱり寝る前は仕事の事は考えたくない。

というのが正直な気持ちです。

最近やっと仕事スイッチの切り方を見つけました!!!

 

それは。

寝る前に仕事とは関係のない本を読む。

本を読むのは好きで、これまでも毎日湯船につかりながら本は読んでいたのですが、

マーケティングやPRなど、ビジネス本を読むのがほとんどでした。

脳みそがリラックスしてオープンの状態でビジネスの本を読むと、

吸収も早くアイディアも出てくるのでとっても良いのですが、
浮かんできたアイディアを書き留めたり、パソコンに向かったり、

お風呂から出た後も仕事スイッチは完全にオン。

そこで、

お風呂で読む本を変えました。

 

海外生活の本や、生き方についての本とか。

 

ゆるい内容のものを読むようにしてから、

仕事モードがオフにできるようになりました。

 

 

その後は、

携帯は見ない。電源を切る。

そのまま本を読んだり、主人と話したりして、ゆっくり過ごします。

夜急ぎの仕事が入った場合も、

仕事が終わったら必ずゆる〜い本を読んで、仕事スイッチをオフにしてからベットに入るようにしています。

 

この習慣ができてから、

仕事の夢を見る回数が確実に減りました。

人それぞれスイッチの入れ方、切り方って違うと思うのですが、

もし「仕事のことが頭から離れなくて嫌だ!」

と言う方はぜひ試してみてくださいね。

 

 

【募集中のメニュー】

もう集客に悩まない! 売れっこ起業家になるための14日間無料メール講座

息切れ起業から卒業!最短ルートで売れっこになるオンライン講座

Related Entry

出版パーティーに参加してきました

南城久美子さん、大東めぐみさんとの朝食会

【大好評】今日から使える起業ノウハウ、メディア向けのPR方法...

急な予定変更も楽しもう♡

南城久美子さん、大東めぐみさん、女性起業家12人のパワーラン...

仲良しの編集さんとランチ