会社員だから窮屈、起業家だから自由、というわけではない

スポンサーリンク

去年の7月、わたしは企業の広報として働いていました。

当時のわたしは、だいぶ、だい〜ぶやさぐれていました。

 

TVでの紹介件数が部署内ダントツ1位となり、

上司からは「評価も給料も上げる」と言われていたのに、

実際は評価も給料もそのまま。

「あと半年待ってね。」

とのこと。

 

ただそれだけのことなのに、なんだかスイッチが入っちゃったんですよね。

いじけスイッチ。

 

「あーこんだけ数字を出してもダメか。

やっぱり気に入られるよううまくやってる人が得をするんだなー。」

 

なんてイジイジ。

 

今のわたしが当時のわたしに会えるなら、

「イジイジしてる時間があるんなら、もっと頑張って圧倒的な実績出せ!このいじけ虫!!」

ってツッコミをいれるでしょうね。

 

いじけ虫は、

外回りを早く終わらせては、外でお茶をして過ごす。

夕方にアポを入れて早めに直帰する。

会社でも、必要最低限のことしかしない。

 

イジイジ

ダラダラ

モヤモヤ

 

品川駅で満員の山手線を待ちながら、

「あ〜あ、会社を辞めたら毎日楽しいし、頑張れるのにな〜」

なんて本気で思っていました。

 

その頃のわたしは、何かあるごとに

「会社員でなければ・・・」

と、心の中で不満をこぼしていました。

 

 

しかし、

その後コーチングを学び、考え方や、人や仕事に対する姿勢が変わり、

毎日の充実感が圧倒的に増しました。

 

いじけ虫はどこかにいなくなり、

仕事が楽しくて楽しくて仕方ない。

 

今すぐにでも辞めたい!なんて考えは全くなし。

 

大きい仕事がどんどん舞い込んできたり、何億もの売り上げを作ることのできるTV番組を担当になったり。

 

そんな絶好調のある日、

品川駅で山手線を待っている時にふと思い出しました。

「あ〜あ、会社を辞めたら毎日楽しいし、頑張れるのにな〜」

そう思いながら、会社に行くのが憂鬱で、後ろから押してくるサラリーマンにイライラしながらため息をついていた自分を。

 

その時に確信しました。

 

「あの時の自分が会社を辞めてフリーになったとしても、きっとうまくいかなかった。

で、それを環境のせいにして毎日不満を言いながら夢みたいな妄想をしてただろうな。」

 

同じ環境の中で、自分がどう考え立ち回るのかによって、得られるものが変わる。

身をもって実感しました。

会社員は確かに時間的な制限はあるし、面倒な人間関係や、顔や名前を出して大々的に活動ができないデメリットはある。

スポンサーリンク

 

だけど、会社員だからこそ出会える人たち、できる経験、学べることが山ほどある。

あとは精神的、金銭的安定。

 

この女性起業戦国時代、

「起業だ!」「独立だ!」

という波が流れているけど、

なんとなしにその波に流されるのではなく、

会社員でしか得られないメリットを存分に得て、

あなたにとってベストなタイミングで、独立してほしいなと思います。

 

最後の日には、

「この会社で働いてよかった!」

そう言えるような。

 

わたしは会社員に戻りたい!!

と思うことはないんですが、

最近いろいろ思い出してホクホクします。

 

頭の固いおじさんの理解を得られた時の嬉しさとか、

他部署の方が発売前のデザートのサンプルをもってきてくれたこととか、

取材で山口の魚工場に行って凍りそうになったこととか。

 

今じゃありえない。楽しかったな〜って。

 

どこにいても、楽しめるか時間を無駄にするかは自分次第!!

 

売れっこメイキングコーチ逢沢ゆず

※現在は新規セッションは受付ておりません。

最後までお読み頂きありがとうございます。

逢沢ゆず

【募集中のメニュー】

6月30日(土)週末起業スタートアップセミナー@東京

もう集客に悩まない! 売れっこ起業家になるための14日間無料メール講座

息切れ起業から卒業!最短ルートで売れっこになるオンライン講座

スポンサーリンク

Related Entry

【OL副業】顔出しをやめて1か月で本業のお給料超え ♡

OL副業時代のスケジュール

答えは自分に、ヒントは他人の中にある

集客のポイント:招かれざる客を招かないためには

元を取るどころか5倍になった初期投資

起業後はどうやって生活したいか、をまず考えてみる。