取材されるには、ここを気をつけよう!マスコミが嫌う人の特徴

TV、新聞、雑誌、WEBサイトetc…

「いつか取材されたい!!」

そう思っている方は知っておきたい、だけど知るのが怖い(笑)こと。

マスコミが嫌う人の特徴

ズバリ!!!

自分の商品についてよく理解していない人。こだわりがない人。

 

実際にマスコミの方からも言われますし、取材の立会いではひしひしと肌で感じます。

 

 

雑誌やTVの開発者インタビューの立会いで、よくこんな場面がありました。

記者

「なぜこの商品を作ったんですが?」

 

開発者

「なんでというか、流行っているので」

 

記者

「この原材料はどこ産ですか?」

 

 

開発者

「えーーーっと。

ちょっと確認します。」

 

記者
「どのくらい販売する予定ですか?」

 

開発者

「えーーーっと。どうだっけ。
ちょっと確認します。」

 

そんな取材は、

まーーーーーー盛り上がらない。

何を掘っても出てこない。広がらない。

 

記者の頭から吹き出しが出ているのが見えます。

「これじゃで記事になんないだろ・・・」

 

そんな時、広報は後ろで冷や汗をかきながら必死にフォローします 笑

「お客様からこんなリクエストがあったんですよね!」

「この工程に苦労したんですよね!」

「販売期間は4週間ですね!」

 

(「自分の商品なんだからちゃんと知っといてよ!」

というツッコミを心の中で100回ほどしながら。)

 

 

意外と多いんですよね。

プレスリリースを作成する際、商品開発者にヒアリングしても、

商品の詳細を覚えていない、

想いが入っていない。

 

そんな時はプレスリリースを作るのがとっても大変。

あれこれ質問して、掘って掘って、

本人すら気づいていないストーリーを作るのです。

 

ゆずさんは自分の商品について、熟知していますか??

想いがこもっていますか??

取材されるのがゴールじゃない

取材をして、面白い話や驚きがあればあるほど、マスコミの方は喜んでくれます。

当初の予定よりも掲載サイズが大きくなったり、

TVであれば、尺(紹介時間)が伸びることだって十分にあります。

取材されて大喜び!

で終わってしまったらもったいない!

(実際、取材までしてボツになることもあります)

 

より多くの方にあなたの商品や想いが届くように、

あなた自身があなたの商品の一番の理解者でありましょう。

 

5/12のメディアセミナーでは、

取材されるには、コラムを執筆するにはどうしたらいい?etc..

個人でメディアにアプローチするためのコツをお伝えしますので、ぜひご参加下さい^^

5/12(金)コラム執筆のチャンス!大手出版社編集長によるメディアアプローチセミナー

 

一緒に読みたい記事

メディアに出たいなら一つの道のプロであれ

メディアの取材や興味を生むあなたの経験談とは

申し込み、取材が入りやすくなるひと手間

メディアに取材されるには、まずこれを準備しておこう!

【募集中のメニュー】

もう集客に悩まない! 売れっこ起業家になるための14日間無料メール講座

息切れ起業から卒業!最短ルートで売れっこになるオンライン講座

Related Entry

取材と売上を生む広報戦略

取材や売上アップにつながる「困った時の○○さん」になろう

起業家が編集者に学ぶ、マスコミに取材してもらうためのコツ

申し込み、取材が入りやすくなるひと手間

申し込みやアクセスアップにつながるライティングのコツ

【動画】集客やブランディング・・女性起業家にメディア活用が必...