夫に起業活動を理解、応援してもらうためには

結婚して約2年半。

「この人と結婚して良かったな〜」

と思うことが年々増えています。

最近は特に。

 

今では

「今度こんな講座やるんだ」「今月の売上はこれくらい」

と主人にあれこれ話すのですが、

以前は仕事の話がタブーでした。

(自分で勝手にそう思っていただけ)
以前書いた記事

SNS起業に背徳感を感じていた

の出来事をきっかけに仕事の話ができるようになりました。

最近特にいい感じになっています♡

先日、嬉しいことがありました。

仕事で悩んでいることがあったので、主人に相談してみました。

「今仕事のことで迷っていることがある。どうしたらいいかな。」

そこで主人なりのアドバイスをくれました。

で、10分ほどあーだこーだ話してその日は終了。
すると

次の日、主人が会社から帰ってくるとこんなことを言い出しました。

「昨日の話だけどさ、俺なりに分析してみた。
そういうことが起こるって事は、こんな理由が考えられるんじゃないの?

という事は、こういう対策が必要じゃない?」

なんとあの後もわたしの仕事について考えてくれていて、

実に適確なアドバイスをくれたのです。

 

とってもうれしかったです。

仕事のこと、理解して応援してくれてるんだなぁ。

と胸が熱くなりました。

 

会社を辞めて個人で仕事をする上で、

良好な夫婦関係を築くために心がけていること。

 

意見を求める。

助けを請う。

頼りだと伝える。

 

きっとわからないから。

理解してくれない。

なんて思わずに、

嬉しいことや落ち込んだりしたらとにかく話す。

 

仕事の相談をする時は、主人を副社長と呼びます。

そして家族のことについて話すときは、大黒柱か社長と呼びます 笑

なんだかんだ嬉しそうにしてます♡

 

頼られるのってすごく嬉しいですよね。

依存ではなく、

信じて頼る!

 

結婚式の写真を久しぶりに見て、甘酸っぱい気持ちになるのもオススメ 笑

 

【募集中のメニュー】

もう集客に悩まない! 売れっこ起業家になるための14日間無料メール講座

息切れ起業から卒業!最短ルートで売れっこになるオンライン講座

Related Entry

30代女性起業、夫に独立したいと打ち明ける!

夫が起業についての理解をどんどん深めている話

ご報告

女性起業家のパートナーシップ(泣かされる33歳編)

わたしのパンドラの箱

妊娠中の起業活動の裏側